仕事と家庭の両立

女性の仕事を継続させていくためには家族の協力が必要不可欠だと思います。自分を取り囲む環境が仕事に影響することもありますし、協力がないために退職せざるを得ないなんてこともあるからです。
これは独身者には当てはまりません。私も独身の頃は好きな時間に家に帰り、全てのことを自分のタイミングで決めていました。結婚するとこうはいかなくなります。しかし、子供がいない段階ではまだまだ序の口だと言えます。子供がいなければ、相手の邪魔にさえならなければ夜更かしもできるし、ゆっくりと自分だけで楽しめる時間があるからです。しかし子供が産まれるとそうはいかなくなります。仕事を続けていればなおさらかもしれません。
まず、朝は今まで以上に早起きしなくてはいけなくなります。子供は行動不能で朝の着替えを嫌がることもあり、スムーズに準備できないことの方が多いからです。その後は保育園に送り、仕事。仕事をしている時間の方が心にゆとりができているぐらいかもしれません。仕事が終われば子供のお迎えと、夕飯の買い物。帰宅後は夕飯の準備をして、子供をお風呂に入れて、ご飯を食べて寝かせつける。これが毎日続くわけです。この一連の行動を自分一人だけで担っていくのはかなりのことです。私自身も育児と仕事、そして家事を担っていますが、子供のお風呂はほぼ毎日主人に任せています。また、子供が産まれるまでは夜更かし傾向にあった生活も改善してくれました。朝、子供の機嫌が悪いときは私に変わって対応してくれています。ちょっとしたことかもしれませんが、こういったことが本当にありがたく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です